【高齢出産とダウン症】原因・確率・予防・対応について!

高齢出産とダウン症の関係性について

35歳以上で出産することを「高齢出産」と言います。
最近はライフスタイルが様々に変化していますね。結婚平均年齢が上がったり、結婚してもしばらくは仕事に専念したいという人も増えています。

 

そして医学が発達したこともあり、高齢出産をする女性が増えてきています。
高齢出産というと、まず気がかりなことはダウン症ではないでしょうか?

 

今回は、高齢出産とダウン症の関係についてお伝えします。

 

ダウン症ってどうして起こるの?

 

 

ダウン症の原因は、染色体の異常です。
染色体は23対あるのですが、そのうちの21番目が1本多い場合に発症します。

 

染色体異常が起こるのは、卵子か精子の染色体分裂時、または受精卵の分裂時です。
分裂が上手く行なわれずにできてしまった卵子や精子が受精すると、染色体異常の胎児が生まれるとされています。

 

高齢出産だとダウン症になりやすいと言われるのは、卵子の老化が原因です。
毎回新しく作られる精子と違い、卵子は生まれた時に一生分が作られます。そのため、高齢になればなるほど卵子は老化してしまうのです。

 

ダウン症の発症確率

 

※厚生労働省から引用

 

ダウン症の発症原因のひとつが、卵子の老化です。
初産婦か経産婦かは関係なく、年齢によって発症確率が変わります。
・20代 0.1%
・35歳 0.3%
・40歳 1.0%

 

ダウン症の子の80%は、35歳以上の高齢出産であるというデータも出ています。やはり加齢は、ダウン症のリスクを上げてしまうようです。

 

とはいえ、20歳で出産をしてもダウン症の子は生まれることがありますし、高齢出産が必ずそうなるものではありません。
子どもを授かったのであれば、あまり考え詰めずに、授かりものとしてリラックスして過ごされるほうが良いでしょう。

 

ダウン症を予防するには?

 

 

 

残念ながら、現在のところダウン症を予防する確実な方法は見つかっておりません。

 

葉酸を摂っていれば、結果的にリスクを軽減できるとの声もありますが、医学的には実証されておりません。

 

年齢が上がれば発症確率も上がりますので、子どもを授かりたいのであれば、「できるだけ早く子作りを頑張った方が良い」としか言えないのが現状です。

 

ダウン症を心配するのであれば

 

「高齢出産=ダウン症の赤ちゃんが生まれる」というわけではありませんが、その確率は上昇してしまいます。やはり心配してしまいますよね。

 

希望すれば、出生前検査で調べることができます。
ただし、考えておかなければいけないことは、もしダウン症だと分かったらどうするのかということです。
中絶を希望する人もいれば、妊娠継続を希望する人もいます。
夫婦で慎重に話し合ってから、検査を受けるようにしましょう。